このエントリーをはてなブックマークに追加

イームズチェアのリプロダクトについて徹底解説!

イームズチェアのリプロダクトについて徹底解説!

憧れのイームズチェアを気軽に楽しみたいなら、リプロダクトがだんぜんオススメ。

オリジナルの洗練された魅力を再現しつつ、さらに新しい楽しさをプラスした、リプロダクトについてご案内します!



イームズチェアとは?


イームズチェア リプロダクト製品

数あるデザイナーズチェアの中でも、不朽の名作として知られる「イームズチェア」。

そのあまりにも有名な独特のフォルムは、「見覚えがない人はいない」といっても過言ではないかもしれません。

時を超えて愛され続けるイームズチェアは、今ではおしゃれなインテリアを飾る定番アイテムとなっており、数多くのリプロダクトやレプリカの存在をも含めて、ひとつのスタイルとしてとらえられるようにもなっています。

イームズ夫妻に生み出されたチェア

イームズチェアの「イームズ」は製品名ではなく、それを生み出したデザイナー「イームズ夫妻」のこと。

建築家である夫チャールズ・イームズと、妻でアーティストのレイ・イームズの二人は、いわゆるミッドセンチュリーを代表するアメリカのデザイナーとして、1950年代を中心にたくさんの家具を世に送り出しました。

その多くがチェアであったこともあり、現在ではインテリアにおいてイームズといえば、イームズチェアを意味することも多くなっています。

イームズ夫妻 プロフィール

画期的で斬新なデザイン

チェアといえばまっすぐな木材を組み合わせて作られたものが一般的だった当時、プラスチック樹脂を素材として採用し、なめらかな曲線を描くイームズ夫妻のチェアは、きわめて大きなインパクトのある画期的なものでした。

なかでもイームズチェアの代名詞ともされる「シェルチェア」は、接ぎ目のない貝殻のような丸い形状と、エッフェル塔を思わせる複雑で繊細な脚部のデザインが特徴。

イームズチェア

それまでにない斬新な見た目だけでなく、包みこまれるような座り心地や、日常のツールとして使いやすい丈夫さ・軽さといった機能性も実現したそのモダンで無駄のない美しさは、登場するやいなやたくさんの人びとを魅了しました。

それから60年あまりを経た今もなお、色あせることのない存在感を放つイームズチェアは、世界中のインテリアファンに愛され続けています。


リプロダクト品とは?


リプロダクト品というのは、意匠権が切れたデザインをもとにして再現された製品のことです。

「意匠権」とは、優れたデザインを財産として守るための権利であり、意匠権によって保護されたデザインは、その権利をもつ人以外が勝手に使用したり販売したりすることはできません。

しかし意匠権には一定の期限(日本国内では20年)があり、この期限が切れたデザインをもとに、かぎりなくオリジナルに近づけて再現したものがリプロダクト品です。レプリカ、ジェネリック製品などとも呼ばれています。

じつは発売から長い年月が過ぎたイームズチェアも、すでに意匠権の期限が切れているため、リーズナブルで質のよいリプロダクトが、さまざまなショップやメーカーから数多く販売されているのです。


通常のイームズチェアとリプロダクト・レプリカの比較


イームズチェア 比較 リプロダクト
意匠権が切れたとはいえ、現在でも通常の、つまりオリジナルのイームズチェアも販売されています。

「イームズチェアの購入したいと思っているのだけど、オリジナルとリプロダクトどちらを選べばいいの?」と迷っている人も多いのではないでしょうか。

そこでまずは、オリジナルとリプロダクト・レプリカを比較して、その違いをチェックしていきましょう。

価格の違い

オリジナルのイームズチェアと、リプロダクト・レプリカのもっとも大きな違いは価格です。

オフィス家具のアメリカトップメーカーである、ハーマンミラー社が製造しているオリジナルのイームズチェアは、およそ4万円~6万円くらいで販売されています。

一般にデザイナーズチェアというと、数十万円を超える高価なものもめずらしくありません。そうしたなかでは、イームズチェアは比較的手が届きやすい価格ではありますが、それでも決して手軽な価格とはいえないでしょう。

これに対してリプロダクトやレプリカは、ほとんどが5千円~1万円前後と、とてもリーズナブル。

ふだん使いのチェアとして、インテリアに採り入れやすい価格となっています。

見た目の違い

スマートチェア

見た目という点では、オリジナルでもリプロダクト・レプリカでも、じつはそれほど違いはありません。

イームズチェアのリプロダクトやレプリカの多くは、オリジナルに深いリスペクトを捧げながら、その優れたデザインを可能なかぎり忠実に再現しているからです。

もちろん、両方をつきあわせて比べてみれば、座面の材質やネジの形状、フォルムのディテールなどにわずかな違いが確認できます。またオリジナルのイームズチェアには、座面の裏側にハーマンミラー社のロゴマークが刻まれており、これによってリプロダクトやレプリカとはっきり見分けることもできるでしょう。

でも暮らしの中で実際に使用するうえでは、オリジナルとリプロダクトの違いを意識することは、おそらくほとんどないはず。どちらも同じように、洗練された美しさでお部屋を彩ってくれるに違いありません。

品質の違い

リプロダクト製品 細部

オリジナルのイームズチェアはブランドとしての長い実績があり、高い品質と耐久性が保証されています。また、アフターサービスも充実しているため、価格が高い分、長く使えるというメリットがあります。

とはいえリプロダクト品も、とくに品質が劣っているというわけではありません。

さまざまな生産技術が発達している現在では、価格はリーズナブルでも、オリジナルにきわめて近い優れた品質を再現することができるようになっています。

しかし残念ながら、なかにはやはり粗悪な品質のものも存在しているため、リプロダクトやレプリカを選ぶ際には、ショップやメーカーの信頼性もしっかりと確認することが大切です。


リプロダクト・レプリカの魅力


イームズチェア パッチワークデザイン
イームズチェアのオリジナルと、リプロダクト・レプリカのどちらを選ぶかは、結局のところその人次第。

イームズ夫妻のデザインを敬愛するファンや、ブランドとしてのイームズにこだわりたいという人は、やはりオリジナルを選ぶことが多いようです。

一方、リプロダクトやレプリカは、スタイリッシュなイームズのデザインを、もっとリーズナブルにインテリアに採り入れたいという人に大人気。でもじつは、そんなリプロダクトのイームズチェアの魅力は、価格だけではないのです!

日常のなかでこそ活きるイームズチェア

今でこそ、インテリア好きにとって憧れのアイコン的存在となっているイームズチェアですが、もともとは一般の人々が日常生活で使うための、量産家具として生み出されました。

それだけにその機能的な美しさは、日々の暮らしのなかで使われてこそ、いきいきとした輝きを見せるもの。

そうした意味では、手に入りやすく気軽に使えるリプロダクト・レプリカは、イームズチェア本来の魅力をより存分に感じることができるアイテムだといっていいでしょう。

オリジナルにはない新しい楽しさ

オリジナルのイームズチェアの良さを大切にしながら、さらに新しい楽しさをプラスできるのもリプロダクト・レプリカの魅力です。

たとえば、オリジナルにはないカラーや素材を採用することで、より個性的なデザインに。また、お子さま用など異なるサイズのものを選べるのも、リプロダクト・レプリカならでは。

ジャンルとして、あるいはスタイルとしてのイームズチェアを、リプロダクトならもっと自分らしく、もっと自由に楽しんでいただくことができます。


ハンプティーダンプティーのリプロダクト「スマートチェア」をご紹介


ハンプティーダンプティー リプロダクト製品 イームズチェア
ハンプティーダンプティーの「スマートチェア」は、リーズナブルで高品質なイームズチェアのリプロダクト。

ここでは、なかでも人気の高い3つのアイテムをご紹介します!

「スマートチェア」

スマートチェア

イームズチェアの代名詞「シェルチェア」のひとつ、木製の脚部(ドゥエル・レッグ)がやさしい「DSW」のリプロダクトです。

元気な6色のビタミンカラーと、人気の北欧スタイルにも合わせやすい木製脚で、お部屋を明るくスタイルアップ。床を傷つけないよう脚の先端に保護パーツを施すなど、細やかなつくりもうれしいポイントです。

イームズらしいシンプルで機能的なデザインは、リビングやダイニングなどご家族みんなが集まる場所にピッタリ。

>>スマートチェアの商品詳細はコチラからチェック

「スマートチェア MLT 肘掛付 」

スマートチェア MLT 肘掛付
肘掛けつきでゆったりくつろげる「アームシェルチェア」を、ちょっぴりレトロでポップなパッチワークのファブリックで仕上げました。ぬくもりあふれる存在感で、インテリアのアクセントとしても素敵です。

ファブリックのやわらかな手ざわりと個性的なスタイルは、たんなるレプリカにとどまらず、イームズチェアの新しい魅力に気づかせてくれるでしょう。

読みかけの本やお気に入りのお茶を、ゆっくりと楽しむひとときに。

>>スマートチェア MLT 肘掛付の商品詳細はコチラからチェック

「スマートチェア キッズ デニム」

イームズ リプロダクト スマートチェア

やわらかなデニム生地でシェルを包みこんだ、キッズサイズのリプロダクトチェア。

洗いざらしたようなデニムの風合いが、スタイリッシュなイームズチェアに、カジュアルな魅力をプラスしています。背面にちょこんとつけたタグに、キュートな遊び心を添えました。

お子さまのお部屋にはもちろん、リビング、ダイニングなどどんな空間にも心地よくなじみます。

同じデザインの大人サイズチェアとコーディネイトして、親子で楽しむのもオススメです。

>>スマートチェア キッズ デニムの商品詳細はコチラからチェック

リプロダクトでイームズチェアを楽しんで

誕生から60年以上の時を重ね、普遍的なスタイルとして、さらに進化を続けるイームズチェアの世界。あなたもその変わることのない魅力を、気軽なリプロダクトで自由に楽しんでみませんか?

まずはハンプティーダンプティーのオンラインショップで、ハイクオリティなイームズチェアのリプロダクト「スマートチェア」を、ぜひご覧になってみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

bn_001

関連する記事