このエントリーをはてなブックマークに追加

今話題の「ホットタブ」を体験!

hottab001

「ホットタブ重炭酸湯」は、しゅわしゅわ~っと弾ける泡が楽しい入浴剤。重炭酸のイオン成分で、肌の汚れをやさしく落とし、じっくりポカポカ“めぐり”にうれしい、ホットなバスタイムを体験してみました。

「ホットタブ重炭酸湯」って?

いま話題の「ホットタブ重炭酸湯」は、タブレット(錠剤)タイプの入浴剤。重炭酸の泡が“しゅわしゅわ~”っと溶けだしたやさしいお湯で、カラダいきいき&お肌すべすべな入浴タイムをお楽しみいただけます。

重炭酸とは

ホットタブの泡のもと「重炭酸」は、炭酸水素ナトリウムなどとも呼ばれ、ご家庭では重曹としておなじみの成分。カラダや環境にやさしく、食品・化粧品をはじめ、暮らしのなかで幅広く利用されています。

この重炭酸のイオン成分が溶けだしたお湯が、肌のくすみや黒ずみの原因ともなる、古い角質や汚れをスルッと洗い落として、しっとりクリアなすべすべ肌に。

また、じっくりと温めることで、カラダのめぐりを助けて、いつも元気な毎日をサポートします。

ドイツに伝わる重炭酸温浴をご家庭で

ドイツでは、ヨーロッパ十字軍の兵士が天然の炭酸泉で疲れを癒したと伝えられ、古来から重炭酸温浴が健康法として親しまれてきました。

「ホットタブ重炭酸湯」は、そんな重炭酸温浴をご家庭で手軽にお楽しみいただける、ゆったり爽快な入浴剤です。

「ホットタブ重炭酸湯」でポカポカ体験

寒い冬場はもちろん、暑い夏でもエアコンの冷気で「いつも手足が冷たい」「なんだかカラダが重く感じる」「肌や髪のカサつきが気になる」といった、“冷え”のお悩みをもつ女性は多いもの。

そこで今回は、めぐりアップを目指す女性に人気の「ホットタブ重炭酸湯」で、ポカポカ重炭酸温浴を体験してみます!

hottab002

重炭酸温浴は、「ぬるめのお湯(38~40℃)」に、「ゆっくりつかる(15分以上)」のがポイントだそう。私はわりとのぼせやすい体質なので38℃にしてみました。

hottab003

標準的な大きさのお風呂なら3~4個くらいが目安ということで、今回は3個のホットタブを溶かします。

お湯に入れるとすぐに、“しゅわしゅわ~…”という音とともに、小さな泡がたくさん浮かんできました。

hottab004

お湯がぬるく、はじめは「もう少し温度を上げた方がよかったかな?」と思いました。

でも全身をお湯にしずめて、5分…10分…と経つうちに、カラダの内側の方からジンワ~リと温かさを感じられるようになり、15分を超えた頃には「カラダがポカポカしすぎて、お湯のぬるさが気持ちいい」という、ちょっと不思議な状態に。

hottab005

入浴しているあいだ、とくにせっけんで洗ったりといったことはしていませんが、入浴後の肌はスッキリすべすべ。

皮脂のベタつきや汚れなどを感じることは、まったくありません。もちろんツッパリやカサつきもなく、しっとりとうるおいが保たれているように思いました。

hottab006

お風呂でもシャワーでも使えるホットタブ

キラキラ立ちのぼる泡と、やわらかなお湯の感触が心地よく、ゆったり長湯を楽しめる「ホットタブ重炭酸湯」。湯船に入れるだけでなく、専用のシャワーヘッドにセットすればシャワーでも使えます。

忙しい朝やお出かけ前などにもサッとあびるだけで、うるおいをしっかりキープしながら、肌も髪も全身すっきり。

家族みんなのカラダと心に“ホッと”やさしいホットタブの重炭酸温浴で、ポカポカめぐりボディをはじめてみませんか?

>>プレミアム ホットタブ重炭酸湯 10錠のご購入はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

bn_001

関連する記事